忍者ブログ
                                                       いわゆるチラシの裏。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あけましておめでとうございました(遅)
2013年はバイト先で年越しを迎え、バイト辞めて、
5月にハピファミ、6月にルカのTrack作って
夏からMoses、それの公開がきっかけで、
10月くらいから郵送で原画の仕事はじめて~・・・。
間々にもいろいろあった気がするけど、だいたいそんな感じ?でした。

ここ1日半くらい手空きでした。
今日からまた仕事届くらしいけど、
結局、掛け持ちしている両方とも予定が遅れて
やっぱりダブルパンチを喰らいそうです・・・・。
当初の予定ではたしかどちらも〆がクリスマスくらいだった気が・・・。
自分は手も遅いし、絵もあんまり上手くないので
待ってる間も気が気じゃありません。やきもき。
っていうか、これで毎回放送間に合ってるのか・・・・流石某社?
PR
羽をもがれた蝶は、ただのキモイ虫

その美しい羽こそが、彼のアイデンティティであり
彼そのものだった
その羽が大きくなる度に、
彼自身の身体はその身を捧げるように小さく
その飾り羽こそが彼そのものになっていった

羽をもがれた蝶は、ただのキモイ虫

みんな羽しか見ていない
ホントの彼を見てはいけない
ホントの彼なんて見たくもない
当人の彼だって見られたくないと思ってるし
だけど、着飾るために身を捧ぐ彼の姿は
個人的にはそんなに嫌いじゃないけどさ
それでも結局、飾りは飾り

羽をもがれた蝶は、ただのキモイ虫

その美しい羽だって、彼の一部に違いはないけど
彼そのものではないんじゃない?
その羽がいくら大きくなったって
ホントの彼は彼のまま

羽をもがれた蝶は、ただのキモイ虫

でもそんな彼のキモイ部分にこそ
彼の血肉がつまっていて
一番美味しいところだったり?


羽をもがれた蝶よ、
気持ちの悪いホントの味に
ジシンはあるか?




〆が迫ってるのに、仕事が返ってこないんですけど!!!
今日は右のリンクにあるカメの宿敵(こっちが思ってるだけ)
ラビットマシーンさんのお誕生日でした。

前々から書こうとは思っていたのですが、彼、
現在放送中の「みんなのうた」の「回れトロイカ」という曲で
その映像自体は椙本晃佑さんのものなのですが
それのアニメーションの作画監督を務めたそうですよ!!
ウチにはテレビが無いのでまだ観れてないのですが、
10-11月の放送なのでまだ間に合う?

なんだかどんどん差をつけられてばかりだな・・・
そりゃぁ20代も半ばだもの。
いつか知り合った他の同年代達もどんどん階段を昇っていく。
どんどん取り残されていくし、どんどん追い抜かれていく・・・。
正直、既に周りとの実力には圧倒的な差を感じている。
それに今から追い付こうとするならば、
更にそれ以上の速さで走らなければならないのだが、
更にその先で彼らは努力を重ねていくという、休まないウサギたち。

商業アニメとかは特に集団制作なので、
1枚の同じ用紙を、作監、演出、原画、動画と
色々な人が回しながら使うから、その紙を通して線の半本からでさえ、
ひしひしとそういうのが伝わってくる。
いつものことですが、ちょっとでも暇さえあれば
生きるだの死ぬだの考えてしまいます。
取り分け、最近はずっと気が立っていて
より酷い発言が多かった気がします。

仕事をしなければ生きていけないのに、
仕事をしていると本当に死にたくなります。

お金にならない仕事なのです。
出来高制で、生き残れるのはほんの一握り。
いや、給料以前にまるで役に立てないのが辛いです。
自分は特に才があるわけでもないし、驚くほど仕事も遅い。
でも完全実力主義の世界かと思いきや
実は"ブラよろ"(まだ全部読んでない)みたいな部分もあったり?

自分は現実でもネットでもフラフラしているだけなのですが
時々、珍しい人と話したりすることがあって、
本当、環境によってびっくりするほど色々違うものなのだなぁ、と・・・。
まぁ、それ以前に自分は人間としても駄目駄目なのですが。
今少しもらっている仕事も、いつまで続けるかわからないし、
冷静に考えて、とてもじゃないけど
これから何年先までもそれ一本で食べていけるとも思えないし。
ていうか、話したり読んだりしてて
やっぱりみんな将来のこと考えて色々やっているんだなぁ、と。
自分は明日にでも首吊りたいくらいの気持ちでいっぱいなのに。


なんだか小さい頃捕まえたコオロギの気分。
 
草むらで鳴いてたもんだから捕まえてみたけれど、
虫カゴに入れられた途端、いくら餌をやっても鳴かなくなる。
夜に暗い玄関口にカゴを置いておくと、やっと悲しそうになくのだけれど、
そのまま死んでしまったコオロギ。
 
そんなにデリケートな虫でもないはずなのに、
全然悪い環境でもないはずなのに。
 
「ウサギとカメ」で言ったら、もちろんカメなのだけど、
「アリとキリギリス」なら、絶対にキリギリス。
似ているようだけど、全く違う話。
 おおよそ なぅ 
更新は不定期です
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
HN:
ががめ
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1988/06/30
新コメ ときどき 返信
[03/02 berita bandung hari ini]
[12/29 hasil togel hari ini hk]
[12/15 try here]
[12/05 jordan shoes]
[12/05 golden goose]
忍者ブログ [PR]