忍者ブログ
                                                       いわゆるチラシの裏。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
前の動画が終わってからここ一ヶ月、
自分の腐れっぷりったら無いです。
まるで不登校だった高校時代のように
「生きていても辛いだけ、生きていても辛いだけ・・・」
と蹲っていました。
何をやっても嬉しくない、楽しくない。
出来の悪い人間には居場所なんて無いんだもの。
ならば変わらなければ。少しでも出来る人にならなければ。
でも、変わったって辛いだけじゃん。
才能もないし、もう、夢も希望もない。
何が楽しくて生きてなくちゃいけないのさ。
PR
あれは嘘だ。

情緒不安定なことこの上ないですが、
言ったそばからまた描きたくなってきてしまいました。
良く言えば、理屈じゃない、
悪く言えば、とんでもなく気分屋なのです。

仕事に繋げたいから作らなきゃとか
理屈が欲しいから作らなきゃとか、
そんなことよりも、ただ自分がそのアイディアを観たいというか、
自分はその時々の感情とか衝動が何よりも原動力になります。

縛られるのが嫌いです。極端に。
締め切りや他人の目とかも気にせず
思うままに作ろう。

社会では量の中から質を生み出せというけれど、
半年ニートするって決めたんだ。
社会はいま関係無い。
この半月は無為に過ごしてしまったけれど、
腕は遅くとも自分の気持ちの
納得の精一杯を重ねていければと思う。

まだまだ作りたいネタがたくさんあるのだから。

しばらくアニメーション制作から離れようかと思う。
ここ半月、まるで作業していない。
自分からアニメを取ったら何が残るのかって感じではあるけれど、
それってかなりアイデンティティに喰い込んじゃってることで、
ちょっと危ないというか、苦しい感じ。楽しくない。
 
自分で立てた目標にストレスを感じる毎日。
2Dのアニメは物量が勝負なのに、
自分は自身の手の遅さをまるでわかっていない。
未だにどこかで「自分ならやれば出来る」と思っている。
たぶん、自分のセールスポイントはそこではない。

当面の予定を考え直そう。
もうプロでもなんでもないのだから、
もっと気楽になろう。
ただでさえ出来の悪い人間なのだから、
ただでさえ人より弱い人間なのだから、
怯えて動かなくなるのは一番いけないこと。

とにかく何かしら動いていなければ。
好きなもの描こう。
もう五月病は終わったのだ。
好きなもの作ろう。
生き延びる為に逃げだそう。

もうそれが遺書になればそれで良いじゃないか。
 
それ 

 
作画の印象が変わったと言われた。
言われてみれば、確かに・・・。
技術もスピードもないくせに、
なんだかどんどん味も落としている気がする。
自身、輪郭の立体感とか動きの気持ち良さに対する
フェティシズムも最近感じていない。
おまけに元気もなければ、やる気もない。
ずーっと腐ったまま。
以前は負けるもんかと見ていた他人の頑張っている姿に
今は劣等感と負け意識。

絵を描くのは楽しいこと。
楽しいことなんだよ?
こんな調子じゃなんにも出来やしない。
大切な感覚を忘れている気がする。

は?何甘いこと言ってんの?


楽しくない人生に意味は無い。
意味とは納得。
納得は、 楽しい?

駄目なやつは何処に行っても駄目なんだ
自分で変わろうとしない限り
同じ理由で逃げ出して
いつまで経っても堂々巡り
言い訳ばかりで自分を囲って
雁字搦めの八方塞がり

そうなる前に
後ろを向いて逃げ出そう
重たい鎧は捨てて
周りを見渡して
もっと遠くへ
まだ誰も行ったことのない場所まで
絶対に誰の手も届かないところまで
出来得る限りの手段を尽くそう
首を吊るにはまだまだ早過ぎる

気分が暗い・・・
最近鬱過ぎる・・・

 
 おおよそ なぅ 
更新は不定期です
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
ががめ
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/06/30
新コメ ときどき 返信
[09/11 謎の誰かさん]
[09/03 What causes burning pain in Achilles tendon?]
[09/02 What do you do for Achilles tendonitis?]
[06/03 bracciale love cartier repliche]
[06/03 replica van cleef and arpels vintage alhambra necklace]
忍者ブログ [PR]