忍者ブログ
                                                       いわゆるチラシの裏。
[258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248
26歳になりました。
マリオやルイージ、ラオウやロビンマスクと同い年だそうで、
いよいよ「アラサー」というやつなのですね・・・。
とりあえず、今待機中の2原が戻ってくれば自分は今度こそ
晴れてニートとなるので、
いつまでもこんな状態を続けているわけにもいかないし、
いい加減、そろそろケジメをつける準備をしなければなりません・・・。

某ウサギさんは、アニメ制作の同業者同士の競争のことを
お互いの行動が不透明で、黙々と走り続ける時間が長い事から、
「目隠しマラソン」と言っていました。
この前観た某サラリーマンコメディの劇場版でも
開発途中の企画のアイディアが漏れて、他社に先を越されてしまう
なんて展開がありましたが、
身内向けのブログで作業も遅筆ではありますが、
自分は「今こんなの作ってます」みたいな
そういう製作途中の報告は、ちょこちょこしたいタチだったりします。
あ、でも、あんまりネタバレにしてしまうと本番の感動がなくなってしまうので、
大事な部分は隠しつつですがw



とりあえず、最近はちょこちょこ他の事やりながら
ボカロ化した東北ずん子ちゃんの曲作りとかしてましたw
某、北海道で農業の傍らに活動しているボカロPさんとの合作なのですが、
どうせ作るなら、ちゃんと芯の通ったものが作りたいということで、
自分がPV制作を担当する代わりに、好きな詞で作っていただいている
という感じです!><;

知っている人はよく知っていると思うのですが、
現状、自分は遅筆で小心者のクセに、拘り始めるとガンコになる上、
優柔不断なので(←なにそれ、限りなくめんどくさ!!)
かなりワガママを言って、Pさんを振り回してしまっているのですが、
申し訳ないと思いつつも、Pさんはそのワガママの全部に応えてくれて、
その分、いや、それ以上のものをPさんが出してきてくれるので
音源に関しては、もう、PV無しでもランキング入りするんじゃないかってくらい
すごく良いものが出来そうな感じになっています!!><
(自分の嗜好を通したのでそう感じるだけかもしれないですが・・・、自惚れ?w;)

これは、ちょっともう、こんなに良いものを作られてしまったので
こちらも全く手が抜けないという状況になってしまったので、
自分のスピードでは夏の終わりくらいになってしまうかもしれませんが、
全力を尽くしてこれに応えなければ!という感じです!!
なので、早く他の手持ち片付けよう!!うおぉーー!!!w


それが終わったら、
今度はクリスマスまでにUTAUでPVを作りたい曲があるのです。
前に1カットだけ公開したやつは、若干カゲプロっぽくなってたので、
たぶん、もうちょっと手を加えようと思います。
(ていうか、カゲプロの塗り方って、すごく生産効率良さ気なのですね。
結局、本編は一度も観ませんでしたが・・・。)
ちょっと形にしてみたいイメージがあって、それは、どっちかっていうと
もっとレトロな、ビバップとか、チャンプルーとか、そっち系の?
あまり複雑なことはしないつもりですが、マスクとか、カット割とかで
シンプルに試してみたいアイディアがいくつかあって、
技術向上も兼ねてという感じです。

それが終わったら、春先から一本、仕事(?)が来る?っぽい?ので、
それまでには今度こそ、今度こそ、今度こそTrackのGUMI視点版を!!!!
使用楽曲はTrackとは違うのですが、
これは絶対!っていう絵コンテをもう1年以上温めているので、絶対!

で春先からの仕事が片付いて、もし貯金に余裕がありそうだったら、
前に「機会があったら是非一緒に!」っていう話をしていた
同じ嫁を愛する某、別のボカロPさんと一緒に、
弱音ハクの曲で合作がしてみたい!!!

それで更に余裕があったらユフさんでPV作りたい曲と、
マコでもPVしたい曲が、
それからオリジナルでも、オリジナルでも・・・・・・!!!!



っていう感じですw(このボカロ厨めorz)
でも、これでもうモノに成らなそうであれば、
あとはいい加減、仕事にするのはスッパリ諦めて、
親を看取るための就活に励もうかと思います・・・。

なんだか口先ばっかりになりそうな感じでもありますが、
それでも、自分は道半ばでこの世を去るのが怖いので、
ネットの片隅に、こういう考えを温めていた人がいたという
痕跡だけでも残しておければと思っています。
自分が時々言ってる、「作品は遺書」っていう話です。
TrackとかMosesの、死んでも足跡を刻みたいとか、
Little Toy Robotの、
愛さえあれば命のない架空のキャラクターでも生きていけるとか、
大学のころから言っている、
「絵に成りたい」とか「二次元に行きたい」とかいうのは
そういう、「共同幻想」の中へ自分をばら撒きたいという行為で、
なんというか、
個人の不確かな命の現実よりも、共有される情報や
空想の中に自分の遺伝子を残したい、みたいな・・・?

でも、そんなしょーもない自己分析は置いておいて、
ストレートに、こんなに良さ気なアイディアがあって、
時間掛けても吐き出せそうなら、吐き出さないのはもったいないじゃん。
もし、それが途中で盗まれても、
誰かがそれ以上のレベルで同じアイディアを出してくれるならそれでいいし、
もしそれが自分以下なら、二番煎じになってでも、
後手という状況を逆に生かして、それ以上のものが作れるってことことだしね!

あとは、観てくれた人に
笑ってほしいとか、楽しんでほしいとか、元気になってほしいとか、
純粋にそんな感じ。
どこにいっても役立たずだから、
自分でも誰かの役に立てるっていう安心感がほしいのかな・・・。


っていうか、
流石にちょっと長く書き過ぎたのでこの辺で・・・;



fromラビットさん


from山牙巳さん


umeさん!!!


感謝!!!!!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 おおよそ なぅ 
更新は不定期です
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
HN:
ががめ
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1988/06/30
新コメ ときどき 返信
[06/03 bracciale love cartier repliche]
[06/03 replica van cleef and arpels vintage alhambra necklace]
[06/02 onatornquist.jimdo.com]
[02/25 NONAME]
[09/05 Rabbit MACHINE]
忍者ブログ [PR]