忍者ブログ
                                                       いわゆるチラシの裏。
[100]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [278]  [277
年の瀬ということで、
ちょっと早いかもですが、反省会をば…。
 
20代も末になって、未だにこんな
日記みたいなものを公開してる人間もどうかとは思うのですが、
個人の頭の中の思考や環境の経過って、
物書きでもない限りはどこにも記録が残らないものだし、
そういうのってちょっと寂しいと思うところもあって、
個人の自由ということで、
お暇な人だけ御目汚し何卒ご容赦ください…。 
 
※【以下、
  ほんとに思うままだらだら吐露してただけなので
  だいぶ長くなったし読むだけ時間の無駄ですよ…↓】


今年は…、うーん… 
仕事的にはやっぱり、初めて演出の仕事を
やらせてもらえたのが一番大きかったかな。
結果はともかく、人の上に立って支持をするという
責任の重さを重々に感じさせられました…。
  
あとはクリスタとか、まだまだ使いこなせてはいないけど、
作業をけっこうデジタル化出来たのも大きいかも。
今年はほとんどアナログの鉛筆を握らなかったくらい。
(作業量が作業量なので…)
そういう意味では、いつか言ってた
「新しいこと」には少し近づけたのかも…?
 
  
ただ、反面、
無駄な時間がとても多かったなぁと思います…。
元来の落ち込みやすい性格とか、
ただでさえ集中力がなくて、すぐに手が止まるのに、
プレッシャーだとか、もう何もかもが嫌になって
塞ぎ込んでしまったりだとか……。
  
あと、スケジュールの都合とか、
偉い人の返答待ちだったりとか、
そういう時間もかなりあったので、
その間にもっと、新しい技法試してみたりだとか、
AEのチュートリアルこなしてみたりだとか、
気になっている映画なり漫画なり消化したり、
せめて落書きの1枚でも描いたりすればいいのに、
そういうところで何もしないで…、
…ほんと何してたんだろ…。

   
最近、何もかもが億劫で、
何も楽しいことがないんだ…。
  
前に、某所のクライアントさんに
「最近のアニメは見ていなくて~」みたいなこと言われて、
当時自分が作画で色々辛い思いしていた人間の末端として、
みんなこんなに死ぬ思いして頑張って作ってるのに、
それを観もしない人間が仕事を振ってくるとか!って、
内心憤りを感じていたこともあったのですが、
(その人はたぶん少し昔の作品とかはけっこう観てるのだと思う)
  
今となっては自分も話題のアニメを追う気力もないし、
作画が良いから、話が良いから、
「だからなんなの?」って
思ったりもしてるところもある……。
何か、興奮できないというか……。
  
  
「だからなんなの?」←ってたぶん最強の言葉だと思う。
  
どんな価値観も、その一言を強情に貼りさえすれば、
「私にはその価値はわかりません」とシャットアウトされてしまう。
興味や理解、思考の停止、放棄、遠まわしな存在の否定…。
  
人間というのはどうあがいても"主観"からは逃れられないものだから、
"客観"なんて言葉は、便宜上の想像の産物でしかなくて、
だから、結局、大切なのは自分の「納得」や「満足」出来ること、
こと、個人的には最近は、
「楽しくあること」が一番大切なのだろうなと思う…。
  
モチベーションが下がればそれだけ手足は鈍るし、
個人的に感情を作業から切り離せない人間である以上、
鬱屈は技術の停滞につながる。
   
だから、改めて思うのは、
何を作れば「楽しく」いられるだろうか…かな…。
どこへ向かえば満足出来るだろうか…。
  
 
 
最近、何もかもがインスタントになっていく感じがする…。
  
大量生産・大量消費と叫ばれて久しいけれど、
なんというか、消耗品みたいに何も残らなくて、
今に始まったことじゃないけど粗製濫造が顕著というか…。
映像コンテンツに限ったことではないけど、
世の中には娯楽が溢れ返っていて、供給過多というか、
同じパイを取り合っては、みんなして
「売れない売れない」ボヤいたり…?(個人的な偏見ですが)
でも一方では、社会現象並みのヒット作が生まれていたりして、
それでまた、これから粗末な模造品が増えていったりとか…。
  
だから、そんな中で
夢や物語、空想で商売する人間の一人として
何をして行けば良いかって話だよね…。
  
必死で辛い思いして作っても、低賃金な上に
お客さんにはすべてが一時の逃避の材料にしかならなくて、
お客さんの心には何も残らないっていうのは寂しいから、
だからつまり、観た人にも、
それを作った自分の中にもずっと生き続けられる作品が
作れれば良いのかなって思う。
  
そもそもお金で満足できる人間なら
こんな仕事や生活はしていないし、
早さや技量で勝負できる人間でもないしね…。
だから、アイディア勝負というか、
なんとか他人とは違う土俵を
突いていかなければって感じかな、って…。
 
  
そんな感じで、近況としましては、
今度また演出のお話をいただけそうでして、
今はまだちょっと交渉中…なのかな?
正直、若干怪しさもある案件ですが、
締めも少し延ばしてもらえて、
また前とは別の会社だけど、経験踏まえてリベンジというか、
もし好き勝手やらせてもらえるなら悪くないかな、
と思いましたので。
  
あと、自分も来年で29歳だし、
この性分を承知してくれる上でなら、
そういうコネクションは広げて行きたいし、
20代の内に少しでもキャリアを積んでおきたいっていうのも
あったので。

年収に関しては、相変わらず鬱なのと、
一個一個に時間掛け過ぎているので±0な感じなのですが、
それでも、その結果が次の内容に繋がってるなっていう
感触もあるので、焦らずに、とにかく後悔だけはしないように
取り組めていけたらなと思います。
  
だから、来年の目標としては、とにかく「楽しく」あること。
塞ぎ込んだ分だけ技術は停滞してしまうので、
強迫的な高望みはせず、気分屋なのはもう仕方がないので、
上手くそのモチベーションを
自分でコントロール出来るように成れればと思います。
  
うん、
なんか書いてたらちょっと明るくなってきたかも。
やっぱり定期的に心境を言葉に書き起こす作業って
個人的には大切なのかもしれない。
  
あと、今年は自主制作、
結局何も公開できなかったから、
来年は何か出せるといいな……。

いや、自主制作っていうのももうハードル上がっちゃってて
ストレス感じちゃってるから、
とりあえず、何か出したくなったら出せば
それくらいでいっかな。
  
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 おおよそ なぅ 
更新は不定期です
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
ががめ
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/06/30
新コメ ときどき 返信
[06/03 bracciale love cartier repliche]
[06/03 replica van cleef and arpels vintage alhambra necklace]
[06/02 onatornquist.jimdo.com]
[02/25 NONAME]
[09/05 Rabbit MACHINE]
忍者ブログ [PR]