忍者ブログ
                                                       いわゆるチラシの裏。
[100]  [288]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282
お疲れ様です、
ひと仕事が落ち着きましたので近況報告です。
 
本当は9月末〆の案件だったのですが、
結局自分の仕事が遅い所為で結果的に
10月に4日ほど食い込んでしまいました…。
 
責任転嫁するなら、本当はもう1ヶ月以上早くから
こちらに入るスケジュールだったのですが、
前回の件が押しに押したから、というのもあるのですが…、、
 
髪飾り1つ修正するのに、内心、
(角度が可愛くない)だの(シルエットが気持ち悪い)だので
30分以上掛悩んでしまう性分だったりしますので、
たぶん時間があったらあったでどの道、
無駄なこだわりで周りを振り回していた気もするので、
制作費も少ない企画でしたし、結果的には
このくらいコンパクトな内容で良かったのかもしれません…。
他人に伝わらないこだわりなんて自己満足以外の何物でもないのにね。
 
あと、前回の記事はすこし頭に血が昇っていて
ちょっと書き過ぎたかもしれません…、ゴメンナサイ。 
 


 
色々あったんだけど、何から書こうかな…。
 
会社的には、今回仕事してて、
途中から新しいやり手の(?)プロデューサーさんが入ってきて、
それでなんとなく、色々風通しが良くなった気がします。 
 
いや、地方でPCの文面越しに傍から見てるだけのフリーランスなので
詳しいことは良くわからないのですが、当人曰く、
「経営にメスを入れて大改善させて頂いている」
「会社(のレベル)を一旦引き上げてから自分の風呂敷を広げたい」
等、仰っていたので、遠くから接していても、
人間一人の力でリアルタイムで、
なんとなくでもビフォーアフターを感じるとれるほどでしたので、
なんというか、感心いたしました。
(いや、内部事情とか全然知らないのですが)
 
 
作品の内容的には、ゲームのちょっとしたMVで、
一応チェックもらった上で好き勝手やって良いとのことだったので、
実質、監督というよりはむしろ、自分のいつもの自主制作(二次創作)の
原トレ中割以降の作業を商業のプロの方々に手伝ってもらった
という感じに近かったです。(いつものってほどは作ってないかもですが…)
でも、結局時間無くてかなり止めS.Lにはなってしてしまったのですが、
途中で唐突にコンテの内容を自己判断や思い付きで変更出来たあたりは
ストレスが少なくて良かったかもです。
集団作業だとトップダウン形式が鉄則なってしまうので、
逐一お伺い立てないといけないのは、
個人的にちょっと煩わしいと感じたりしていたので…?
(いや、下っ端がみんな勝手なことし出したら工業的にアウトなのは
全くその通りなのですが…。)
 
結局アニメって、大半の工程がひたすら物量と効率主義の
ライン工みたいな仕事になってしまうので、
だから、せめて作ってる人たちも楽しく作業してもらえるようにするのが、
上の人の努めだよなぁと思ったりもするのですが、
それなら少しでも後工程の人に余裕ができるように
早く自分が仕事上げろよって話なので…、本当に申し訳ありません……。 
 
 
とりあえず、そんなこんなでそちらの仕事はひとまず一段落で、
次はまた月末〆くらいで、あんまり言わない方が良いかもですが、
ちょっとまたコンテっぽいのを書く予定…?
 
基本、早さの土俵に立たされたら負ける人間なので、
こういうアイディア勝負に価値を置いてもらえる案件はありがたいのですが、
それだけに、閃きってかなり"運"の要素もあると思うので、
自分でも不確定な能力に頼らなければいけないのが正直いつも不安です……。
 
頂いたデモ音源は良い感じ?
でも、クライアントさん的には「ムチャ振りしてください」的な旨だったので、 
またちょっと、恨まれ役を買うのも仕事の一つになりそうです…。
 
 
 
 
◆あとは、いつもの誰得な個人的実家情報。
 
 
9月の末、産休で田舎に帰省していた妹が東京へ戻るということで、
このクッソ精神不安定な最中だったのに顔を合わせることになりました。
とはいえ、妹と顔を合わせるのも、たぶん数年振りで、
結局お腹の大きい状態の彼女を一度も見ていないので、
姪っ子だよーと手渡されても、なんだかあんまり実感が湧きませんでした。
いや、赤ちゃんは可愛かったですけど…。
でもなんでこう、子どもを産んだばかりの母親って
自分の子を他人に抱かせたがるのか。
あんな脆い肉塊、もし落っことしでもしたら殺人になってしまうのに、
なぜそんなリスクを負わせたがるのか!って内心思いながら
最初びびって逃げ回ってたのですが、
結局抱かされて、そしたら途端にウンコされました…。 
 
 
 
 
あとは、何か反応してるんだかしてないんだかわからない
タンパク質の塊に、みんなして一生懸命話しかけてるのが不思議で、
いや、自分もそうやって育てられたんだろうけど、
今このもがき暴れる温かい塊の中で、言語や感情や人格が
ものすごい勢いでプログラミングされてるんだろうなって考えると、
〆切前だったからたぶん1時間も一緒にいなかったのだけれど、
その短い時間のなかでも、とてもたくさんの収穫があったように思う…。
 

 
 
 
というか、ここ数年、
週一で近所のスーパーに1時間出る以外は全く外も出歩かないし、
作業が遅くて仕事もずーっと出力の一方通行だったから、
物質的にも経験的にも栄養不足で、何もかもがすごく虚弱になってる…。
 
幸い、今年は少し貯金も増えたので、
来年はちょっとまた趣味に走ろうかなぁとも思ったのですが、
気になるのが母のことで…。
 
 
 
 
5月の母の手術、自分は立ち会えなかったのですが、
肉腫が出来たとかで子宮の摘出手術をして、
そっちの手術は無事に成功したのですが、その際に
お腹の方にも異常がみつかって、後ほど結果が返ってきて、
悪性の中皮腫だと診断されたそうです…。
 
自分もそこまで詳しくは聞かされていないのですが、
アスベストによって発症する癌の一種っぽい…。
曝露から発病までに30~40年くらいとかで、
やっぱり造船所とかが原因なのかな…。
本人は「なんともないよー」なんて
今でも家事やら漁業やら畑やら父や祖母らの面倒やらを見ているのですが、
「ステージは3番目」とかで、まだ転移は始まっていないものの、
抗がん剤治療か、3ヶ月ごとのCTでの経過観察の二択で、
「ハゲるの嫌だから後者」とのこと…。
ネットで調べると、色々と恐ろしい文字ばかり並んでいて、
「予後はきわめて不良で、1年生存率が50%、2年生存率が20%」
だとか…。
たしか、妹には秘密…。
 
 
母も、実はアニメとか漫画が好きで、
子どもに良くないからと自分ら兄妹が大人になるまで
その趣味を隠してたらしいんだけど、血は争えないもので…。
 
実家にいたころ、自分は引きこもりの不登校で、
3人兄妹なんだけど、自分だけ大学まで行かせてもらって、
それで、大学卒業の年に3.11の震災に見舞われて実家は被災、
なのにアニメーターなんて
全然金にもならないところに就いてしまって、
1年ちょっとで挫折して…。
 
それでも、母の生きているうちに、
息子の晴れ姿…とはとても言えないかもしれないけれど、
曲がりなりにも前回の、「監督」としての肩書の作品を
観てもらうことが出来て、それは少し、良かったと思う。
 
「感動しました」だって…。
 
 
本当はもう、「脱・アニメ業界!」なんて考えていたのだけど、
少しでもまだ母が喜んでくれる物が作れるのなら、
やっぱりもう少しだけ…、
作業遅くてまた仕事漬けになるかもだけど、
この業界続けてみようかと思う…。
 
 
 
………マザコン乙。
 
 
 
 
   
    
 
 
 
 
 
 
 
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 おおよそ なぅ 
更新は不定期です
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
ががめ
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/06/30
新コメ ときどき 返信
[09/11 謎の誰かさん]
[09/03 What causes burning pain in Achilles tendon?]
[09/02 What do you do for Achilles tendonitis?]
[06/03 bracciale love cartier repliche]
[06/03 replica van cleef and arpels vintage alhambra necklace]
忍者ブログ [PR]