忍者ブログ
                                                       いわゆるチラシの裏。
[183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173
 気がついたとき、彼はそこにいた。
ちがう。適切に言うなら、
彼はあるとき、自分がそこにいることに気が付いた。
彼はロボット、機械の身体。
機械というものは本来、何か目的を持って作り出されるものである。
しかし、彼には記憶が無かった。
彼は自分が何のためにそこにいるのかわからなかった。
それに気が付いたんだ。

高校のときくらいから考えてて、
時々思い出しては練り続けている話。
最近、昔みたいに余計なこと考えてないから。

始まりは雨がいい。
身体が錆びてしまうので、彼は傘を探す。
その日、彼は恋をするんだ。
雨の中、傘も差さずに佇む美しい彼女に。
ポケットには、一輪の造花。
彼はそう、彼女にこの花を差し出すために生まれてきたんだ!
そう思った。

ずぶ濡れの彼女に彼は言う。小粋に言う。

「雨が降らなければ花は枯れる―
 けれども、そんなに土砂降りでは、そのうち根腐れしてしまうよ」

すらっと思い浮かんだセリフが口内のスピーカーから
流れるように発せられた。
なぜなら、彼はこの瞬間のために作られたのだもの。
そう彼は確信した。
そしたら彼女はこう返すんだ。

「造花に雨は必要ないわ」
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 おおよそ なぅ 
更新は不定期です
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
HN:
ががめ
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/06/30
新コメ ときどき 返信
[09/11 謎の誰かさん]
[09/03 What causes burning pain in Achilles tendon?]
[09/02 What do you do for Achilles tendonitis?]
[06/03 bracciale love cartier repliche]
[06/03 replica van cleef and arpels vintage alhambra necklace]
忍者ブログ [PR]