忍者ブログ
                                                       いわゆるチラシの裏。
[183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 気がついたとき、彼はそこにいた。
ちがう。適切に言うなら、
彼はあるとき、自分がそこにいることに気が付いた。
彼はロボット、機械の身体。
機械というものは本来、何か目的を持って作り出されるものである。
しかし、彼には記憶が無かった。
彼は自分が何のためにそこにいるのかわからなかった。
それに気が付いたんだ。

高校のときくらいから考えてて、
時々思い出しては練り続けている話。
最近、昔みたいに余計なこと考えてないから。

始まりは雨がいい。
身体が錆びてしまうので、彼は傘を探す。
その日、彼は恋をするんだ。
雨の中、傘も差さずに佇む美しい彼女に。
ポケットには、一輪の造花。
彼はそう、彼女にこの花を差し出すために生まれてきたんだ!
そう思った。

ずぶ濡れの彼女に彼は言う。小粋に言う。

「雨が降らなければ花は枯れる―
 けれども、そんなに土砂降りでは、そのうち根腐れしてしまうよ」

すらっと思い浮かんだセリフが口内のスピーカーから
流れるように発せられた。
なぜなら、彼はこの瞬間のために作られたのだもの。
そう彼は確信した。
そしたら彼女はこう返すんだ。

「造花に雨は必要ないわ」
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 おおよそ なぅ 
更新は不定期です
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
HN:
ががめ
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1988/06/30
新コメ ときどき 返信
[09/11 minecraft]
[09/11 謎の誰かさん]
[09/03 What causes burning pain in Achilles tendon?]
[09/02 What do you do for Achilles tendonitis?]
[06/03 bracciale love cartier repliche]
忍者ブログ [PR]