忍者ブログ
                                                       いわゆるチラシの裏。
[16]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
良い作品とは何か、 を定義をするのは難しい。
じゃぁ逆に、つまらない作品とは何かを考える。
最高につまらな過ぎる作品を作ったならば、たぶんそれは逆に面白い。
つまり、つまらなさは面白みを含んでいる。
だから、石ころだろうがゴミだろうが、ちょっと観方を変えるだけで何でも面白く感じてしまう。
観方、鑑賞方法、それが美術なの?
ならば、作品の良し悪しとは、それを観て心が動かされるかどうか。
もしも、だれの心も動かすことのない作品があったとしたら、
それは世紀の大発明であるのだが誰も評価することがないので名は残らない。
ということは、最高の作品とは、もっとも人の心に働きかける力の強い作品である。
もっとも人の心を動かす力、心に影響を与える・・・。
つまり、洗脳とか催眠術。集団で作用すれば常識や道徳、正義。
キャーコワイ
だから作品とは、催眠術の振子のようなものなのではないだろうか
っていうのがいまの俺の考え。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 おおよそ なぅ 
更新は不定期です
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
HN:
ががめ
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/06/30
新コメ ときどき 返信
[09/11 謎の誰かさん]
[09/03 What causes burning pain in Achilles tendon?]
[09/02 What do you do for Achilles tendonitis?]
[06/03 bracciale love cartier repliche]
[06/03 replica van cleef and arpels vintage alhambra necklace]
忍者ブログ [PR]