忍者ブログ
                                                       いわゆるチラシの裏。
[112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102
  
仮設住宅に一泊した翌日は、濃霧注意報が出ていました。
予報によると、台風が近づいているとのことで、
台風に備えて色々と準備を手伝いをしました。

  
津波で流されずに残った船を隣りの漁港に移すので、一緒に乗っていきました。
地盤沈下のため、満潮時には海面が防波堤の上までくるようになっていました。
こうやってウチの漁船に乗ったのは何年ぶりだろう。

  
幼い頃は漁港も船も遊び場でした。
「ぼくが後を継いで5代目になる~!」
とか言っていた時期もありました。
この海も船も大好きでした。
今となっては、長男として継ぐ家業がなくなって
少し肩の荷が下りた部分もあるけど、
でも、今父の背中を見ると悲しくなります。
度重なる力仕事と歳のせいでだんだん不自由になっていく両腕、
目の前で脚立から落ちて足から血ぃ流してるし。
この環境下で、帰るたびに弱ってゆく家族を見るのは悲しいです。
母も、祖母も。

今の仕事が決まったときに、
「もう思い出を振り返える時間はいらない!」
なんて思ってたけれど、
でも、昔遊んだ場所やあの頃の思い出の場所が
たとえ帰れなくても、幸せだった時間を過ごした場所が
もうどこにも町ごと無くなってしまうのは悲しいです。
自分は18年しかその場所にいなかったけど、
その場所に何十年も暮らし続けて、
他の場所に根を張ることが出来なくなった人たちは
きっともっともっと悲しい。

田舎で、碌な店もなくて、じーちゃんばーちゃんばっかりで
元から先の見えない、何にもないところだったけど、
それでもあの場所で過ごした時間は本当に幸せだったんだと思う。

でも、仮設暮らしの両親が
自分よりイイ生活を送れていたのでちょっと安心しました。
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 近状報告 HOME 帰省 >>
 おおよそ なぅ 
更新は不定期です
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
HN:
ががめ
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/06/30
新コメ ときどき 返信
[09/11 謎の誰かさん]
[09/03 What causes burning pain in Achilles tendon?]
[09/02 What do you do for Achilles tendonitis?]
[06/03 bracciale love cartier repliche]
[06/03 replica van cleef and arpels vintage alhambra necklace]
忍者ブログ [PR]